女性は結婚すると仕事面で不自由になります

女性は結婚すると仕事面で不自由になります。

女性は結婚する前にきちんとした正社員の仕事をしているなら
結婚後もライフスタイルの変化に合わせて休暇を申請できますし、
一生働き続けることが可能です。

 

しかし派遣やアルバイトであれば
扶養の範囲を超えてしまうと中途半端な稼ぎしかなく

 

税金が増え、旦那の税金も増えるために
収入は見た目は増えても
手取りが減るという現象が起きるのです。

 

ですので、アルバイトであれば扶養内で働かなければ
結果的に損をしてしまいます。

 

損をしない程度に稼ぎたければ
正社員を目指さなければなりません。

 

アルバイトでは大した金額を稼ぐことができず、
税金面で大きく損をしてしまうからです。

 

結婚後も自分の収入を確保したい女性や、
お金に困っている女性は

 

結婚前に正社員になっておかなければ先行きが不安です。

 

扶養内のパートに収まってもよいといえる場合に
結婚を考えるべきです。

 

また、新婚の場合はそれだけで既に正社員の面接で不利になるのです。

 

採用してもすぐやめるのでは、と思われてしまいがちな条件の第一位が
新婚の主婦だからです。

 

それでも採用されたければ相応のスキル、経験、実力、PRポイントがなければなりません。

 

何も持たない未経験の、アルバイト経験しかない新婚の主婦なら
勝ち目はほぼないでしょう。

 

ですから、結婚する前には扶養内の収入に収まってもやっていけそうなのかどうか、
この点はしっかり確認する必要があります。