専業主婦で家のことを何もしないのは離婚の危機

専業主婦で家のことを何もしないのは離婚の危機

専業主婦になれたからといって、
家の掃除も料理もろくにせず、自分はランチに友達とでかけ、

 

家で晩御飯は買ってきた惣菜を出すなんていうパターン。

 

旦那の心には不満が募るだろうし、
将来的に見ていつ離婚を言い出されてもおかしくないです。

 

そんなことでも許してもらえるのは
ものすごい大金持ちで、

 

掃除も料理もプロがやってくれて

 

奥様は家にいてくれさえすればいい

 

そんな絵にかいたような家庭だけです。

 

ごく普通の一般家庭のサラリーマンの専業主婦で
こんな贅沢をしていたら

 

主婦としての務めを放棄しているとみなされ、離婚問題になってもおかしくないです。

 

専業主婦の最低限の仕事は
家族の健康を考えた手作りの料理を毎日作ることと、

 

2日に1度でもいいから家の掃除をすること、

 

この2つです。

 

そのうえで旦那に対してもやさしい態度を示していれば問題はないです。

 

自分自身の健康のためという目線で見ても、
だらけて何もせずに外食三昧の専業主婦は

 

醜いでぶでぶ体型一直線、

 

将来生活習慣病にもなりやすいですよ。

 

毎日健康的に過ごしていくことを考えても、
TVでみかけたことのある専業主婦の暮らしのイメージは理想的ではありません。